【頒布本紹介】ひだまりウンディーネず ひめみっつ

hyoushi1 (8)
ひだまりウンディーネず ひめみっつ 
発行年月2015年8月 本のサイズ A5 
ページ数 20P 頒布価格¥200 在庫あり


ご好評いただいております、ひだまり×ARIAのコラボ本第3弾は、姫屋のウンディーネメイン。
姫屋に所属するARIAのウンディーネに、同社所属のウンディーネに扮するひだまりキャラを主役に、双方の作品のウンディーネ達と交流します。

《主な内容》
・突如ARIAカンパニーに現れた、姫屋のウンディーネ・茉里。彼女は灯里の生き別れと名乗り、灯里は戸惑うしかなかった。
・灯里の恥ずかしいセリフにツッコむ藍華。その直後乃莉に灯里ことを話すが・・・。
・沙英の案内で客を桟橋へと連れて行くも、吉野屋の姿に沙英は驚く。
・晃は灯里・ゆの・なずなのARIAカンパニー3人娘と島篭りの特訓をすることになった。時は流れ彼女らが帰ってきたが・・・。
・沙英と直居が小説の打ち合わせで揉めるところを、夏目は隠れて見守っていたことに藍華に見つかる。藍華も小説家の沙英のファンだといい、躊躇する夏目を連れて、沙英たちの前に現れる。
・アルとともに井戸に落ちた藍華は、まぁ社長にアリスに助けを求めるべく井戸から放り上げた。しばらくすると来たのは・・・?
・吉野屋との練習でヒメ社長の着ぐるみを着せられる沙英。沙英のその格好に目を輝かせる1匹の社長猫がいた。
・エアバイクに乗ったウンディーネがスカート広げながら空を舞った。翌日姫屋でウンディーネたちがその件で持ちきりとなり、無邪気に聞き出す吉野屋であったが・・・。
スポンサーサイト